半身浴ってダイエットに効果があるって本当?!適正温度や時間は?

半身浴がダイエットに効果的だと言われるようになって十年以上経ちますが、今でも半身浴は、若い女性を中心にとても人気が高いです。

ただ、ダイエット効果について否定的な意見が増えてきているのも事実です。実際のところはどうなのか? あと半身浴の正しいやり方は?

その辺りをいろいろ調べてみました。

スポンサーリンク

半身浴とは? 消費カロリーはどれぐらい?

半身浴は、入浴法の1つで、身体のみぞおちから下の部分だけを湯船につける方法です。

心臓への負担が少ないため、お年寄りや心臓が弱い方、心臓に疾患がある方には、全身浴よりも半身浴がおすすめです。

半身浴でダイエット、と言われていますが、消費カロリーで言うと、半身浴で消費するカロリーは 、1時間入浴している場合、大体100kcalです。数値からすると、ダイエット効果が高いとは言えません。

また、半身浴の前後に体重を測った場合、半身浴の後に数値が減っていて喜んでしまいますが、汗で水分が抜けただけなので、その後に水分を補給すると元に戻ってしまいます。

半身浴のダイエット効果について

前項で、消費カロリーや体重の値だけでみた場合、ダイエット効果が高いとは言えない、と書きました。実は1kgの脂肪を燃焼するためには、48時間の半身浴が必要なんです。

しかし半身浴が様々な健康効果をもたらしてくれるのです、例えば、

冷え性の解消

半身浴でじっくりと体の内部まで、温めることができ、冷えを解消してくれる効果が期待できます。

デトックス効果

半身浴で体を温まって血行が良くなり、汗がいっぱいかけるので、デトックス効果がある。

リラクゼーション効果

体はもちろん、心をゆったりと落ち着かせるリラクゼーション効果がある。

疲労回復効果

半身浴には高い疲労回復効果があり、疲労回復に集中したい時は全身浴より半身浴がオススメです。

これらの効果によって、新陳代謝の妨げになる冷え性を改善し、老廃物を排出しやすくなるし、ストレスや身体の疲れを解消する事で、ダイエットにより高い効果を上げる事が期待できるという訳です。

半身浴によって体質が改善され、結果、痩せやすい身体を作るという点では、半身浴イコールダイエットにはなりませんが、ダイエットの大きな補助になる事は事実です。

半身浴の適正温度や目安時間は?

お湯は熱すぎると、皮膚の表面はあたためてくれますが、体の芯まで温まりにくいですので、半身浴のお湯の温度は38度から40度に設定しましょう。

42度位のお湯になれているとぬるく感じてしまうかも知れませんが、かなり体が温まりますよ。

寒いときはすぐにお湯の温度も下がってしまいますので、風邪を引かないように気をつけてください。

追い炊き機能の無いお風呂には、浴槽に入れればお風呂のお湯が冷めない風呂湯保温器があります、使ってみてもよいと思います。

 

半身浴の時間は人により様々ですが、15分から20分位が目安です。

個人差があるので、苦痛にならない程度に 、汗が出てきて気持ちが良いと感じる程度なら、理想的です。

半身浴の正しいやり方

湯船に適正な温度の設定したお湯をため、みぞおちから下の部分だけ浸かるようにします。その時、両手は湯船には入れないようにしましょう。

ただ、お湯から出ている部分が冷えるため、お風呂場の温度を高くするか、肩に乾いた上着やタオルを羽織って入浴するようにしましょう。

おさえておきたい大切なポイントは、

  • 38度から40度のお湯に設定する
  • 入浴前に水分補給をしっかりする
  • 15分から20分かけてゆっくりと身体を温める
  • 湯船から出ている部分が冷えないように浴室を温め、肩に乾いた上着かタオルを羽織る

です。

また、半身浴の前に5分全身浴をして、その後一旦湯船を出て休憩した後に半身浴を行なうとより高い効果が得られます。

また、半身浴の前の水分補給は勿論重要ですが、半身浴では想像以上に汗が出るので、入りながら水分補給するのも、デトックスにより効果的です。

あとがき

半身浴、ただ温めのお湯に身体半分をつけるだけ、という単純な方法ではないんですね。

適正温度と時間も、温度が38~40度の間、時間は15分から20分という条件を守れば良く、厳密にこの温度でこの時間!という決まりはないので、自分により快適な温度時間を調節してみましょう。

より正しい方法で半身浴をする事で、健康面でも美容面でも高い効果が得られる事は間違いありません。

もう半身浴をしているけれどやり方が適当だった、とか、まだ半身浴をした事がない、という方は、是非お試しになって下さいね。

 

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。