スポンサーリンク

【画像あり】中居正広は体調不良の本当の理由は?激ヤセは癌のせい?【2024最新】

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

2022年12月11日放送の「中居正広のプロ野球珍プレー好プレー大賞」で、中居正広さんのあまりにもガリガリにやせ細ったその姿にネットが衝撃を受けました。

2023年1月に病気療養から復帰された中居正広さんですが、現在に至るまで本人から具体的な体調不良の原因について語られることはありませんでした。

中居正広は体調不良の本当の理由は?激ヤセは癌のせい?

そこで今回は体調不良の本当の理由や激ヤセは本当に癌のせいなのかについて調査しました。

スポンサーリンク

【2024年最新】中居正広の体調不良の本当の理由は?

中居正広さんは、2022年7月下旬に急性虫垂炎により入院し手術を受けました。

退院して2日後、10月には自身が司会を務めるテレビ朝日系「中居正広のキャスターな会」を2週に渡って欠席しました。11月には、約1カ月間の活動休止を公表し、更にその休養期間が12月をもって年内いっぱいに延長されると発表されました。

2023年1月14日には「中居正広のキャスターな会」で仕事に復帰しました。

彼の痩せた様子から、病気についての様々な憶測や心配の声が後を絶たなかった中、10月下旬にある週刊誌が盲腸癌で腫瘍摘出手術を受けていたと報じました。

しかし、中居さんは病名や病状については公にせず、12月には休養を年内いっぱいまで延長しました。

その後、最近になって彼が発症していたのは盲腸癌ではなく腹膜炎であったことが新たに報じられました。

「実は中居さんは昨年7月に虫垂炎の手術をしたのち、予後が悪く、ある病気を患いました。
それがなかなかの重症で、大手術が必要となったのです」

「終わったはずの虫垂炎の処置がうまくいっておらず、腹膜炎を併発しました。
状態は決して楽観視できるものではなく、すぐに手術に踏み切ったものの、結局大腸の半分以上を切除することになってしまったそうです。」(前出・中居の知人)

引用:ポストセブン

昨年7月の虫垂炎の処置が上手くいっておらず、腹膜炎を発症したというのです。

中居正広の激やせ、やつれ画像

 


かなり痩せた様子ですね、SNSでの反応は?

中居正広の激ヤセの理由は腹膜炎だった!

腹膜炎とはどのような病気なのでしょうか?

大阪市立十三市民病院によれば、腹膜炎はお腹の内側を覆う腹膜に炎症が起きる状態です。

急性腹膜炎は急に症状が出てきて治療しなければ生命に危険が及ぶ可能性があります。一方で、慢性腹膜炎はゆっくりと病状が進行し、腹水が溜まることがあります。

中居正広さんは大手術が必要だったとのことで、おそらくは急性腹膜炎だったと思われます。

治療については、急性腹膜炎では通常緊急手術が必要で、胃や十二指腸潰瘍の穿孔は腹腔鏡を使って穴を閉じる手術を行います。

大腸の穿孔の際には、腸の一部を切除し人工肛門を作ることが多いです。

虫垂炎が腹膜炎を引き起こした場合には虫垂を切除します。

胆嚢炎では、体外から管を挿入して胆汁を抜く処理や胆嚢を摘出する手術を行います。

急性膵炎の場合は、多くが薬での治療になりますが、症状が重いと手術も必要になることがあります。

治療方法として人工肛門を設けることが多いとされていますが、週刊誌の報道では中居正広さんの場合にはその件には言及がないため、彼が人工肛門を必要としたかはわかりません。

しかしこれまでに本人が健康上の問題について詳しく語っていない以上、週刊誌の情報が本当かどうかは定かではありません。

中居正広さんはファンを大切にすることで知られていますが、病名を公表していない理由には何か大切な配慮があるのかもしれません。

中居正広さん2023年現在は?


1月7日のニッポン放送「藤ヶ谷太輔 Peaceful Days」(土曜後10・30)になんと中居正広さんが事前告知なしのサプライズ出演をされました!

20分くらい出演した中居正広さんですが、元気が良い声を届けてくれました。

2013年1月14日放送のテレビ朝日系『中居正広のキャスターな会』に出演されていて、休養前と比較して血色も少しふっくらした様子に安心したファンも多そうです。

これからはあまり無理せず、仕事をコントロールして、体を大事にして欲しいですね。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
xiaoxueをフォローする
気になるいろいろ
タイトルとURLをコピーしました