スポンサーリンク

「不躾」の意味って何?読み方や使い方は?「不躾なお願い」や「不躾な質問」もチェック!

ビジネスシーンにおいて、メールや連絡の中で「不躾」という言葉を見たり、聞いたりしたことがありませんか?

いざ自分で使うとなると、どう使えばいいのか、どのような場面で使うのかよくわからない人が少なくないのではないでしょうか。

今回は「不躾」という言葉の意味や使い方についてお伝えします。ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

「不躾」の読み方や意味は?

不躾は、「ぶしつけ」と読みます。

「不(ぶ)」は音読みで、よくない事や悪いことという意味になり、否定する言葉です。

躾は、「しつけ」、礼儀や作法を教え込むことという意味です。

あわせて、「不躾(ぶしつけ)」の意味は礼を欠くことや、無作法という意味になります。

これ以外にも「露骨(ろこつ)」や「唐突(とうとつ)」という意味もあります。

露骨とは相手のおもわくを気にせず、そのまま外にはっきり表すこと、唐突とは突然にという意味ですが、全く知らない方へ突然にお声をかけるなどの場面に使われると考えられています。

不躾の類語には、無作法、無礼、失礼、厚かましい、あからさまなどがあります

「不躾」の使い方

不躾の意味は礼を欠くことや、無作法なので、礼儀に欠け、作法のなっていないことをあらかじめ詫びるときや、相手に予告なく頼みごとをしたり、唐突に連絡したりする際に使う場合が多いです。

「不躾」は自分の発言や行動に対して、よく使われています。相手に向かってあまり使いません。

もしも上司に「君は不躾だね」と言われたら、かなり怒らせてしまったかもしれません。

例文:

不躾ながら履歴書を同封させていただきました。

ご多忙中不躾なお願いで恐れ入りますが、

ご多忙のところ、誠に不躾とは存じますが、何とぞご回答くださいますようお願い申し上げます。

「不躾なお願い」の使い方

「不躾なお願い」という表現はビジネスシーンにおいて、目上の人や取引先に対してお願いする場合はよく使われています。

例えば、相手にとって面倒な手間をかけてしまうようなことや、相手の個人情報、プライバシーに踏み込むような内容を質問するときに使います。

そのようなときに、「不躾なお願い」という表現は、「急にお願いして申し訳ないのですが」という意思を伝えたり、「本当にこんな質問をして申し訳ない」という気持ちが伝えることができます。

「恐縮ですが」「申し訳ございませんが」などとつけると、より丁寧になります。

例文:

不躾なお願いで恐縮ですが、現在の〇〇様以外でも本件をご担当出来る方をご紹介頂いてもよろしいでしょうか?

不躾なお願いですが、〇〇様の家族構成について伺ってもよろしいでしょうか?

不躾なお願いで申し訳ございませんが、〇〇様をご紹介していただけると幸いです。

「不躾な質問」の使い方

「不躾な質問」という表現は「失礼なことを聞いてすみません」というような気持ちが伝えることができます。

相手にとって特に個人情報やデリケートな質問をするときに使います。

例文:

不躾な質問で申し訳ありませんがご結婚はされていますか?

不躾な質問で申し訳ありませんがおいくつですか?

まとめ

「不躾」という言葉は、日常生活においてもビジネスシーンにおいても使うことができますが、へりくだる意味の言葉ですので、使い方や使いすぎによって、軽薄な印象になってしまうこともあります。

相手への敬意を持って、適切な頻度で使いましょう。