デーツ(ナツメヤシ)とは?栄養や効果効能は?なつめとどう違うの?

皆さん、「デーツ」というドライフルーツを食べたことがありますか?

甘いのに栄養豊富で太りにくいことから、話題になって、今注目されているドライフルーツです。さらに女性に嬉しい美容成分がたっぷりと含まれているので、美意識の高い女性たちに支持されています。

そんな「デーツ」はいったいどんな食べ物なのか?栄養や効果効能についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

デーツ(ナツメヤシ)って何?どんな食べ物?

ナツメヤシ

デーツ

デーツとは「ナツメヤシ」というヤシ科の常緑高木の実のことです。

原産地は北アフリカや中東とされ、アフリカを中心とした乾燥した熱帯域で多く栽培されています。

ナツメヤシの木は、どんな過酷な環境下でも育てやすい植物です。 非常に生命力が強く、その生命力の強さから「生命の木」と呼ばれています。さらに、一本の樹から収穫できるデーツの量はなんと約15000個!

ナツメヤシの歴史はとても長く、古代エジプトの時代から栽培されていたと考えられています。旧約聖書創世記ではエデンの園の中央に植えられた「生命の木 (Tree of Life)」はナツメヤシがモデルになっていると言われています。

日本では、種を抜いてから乾燥させ、ドライフルーツとして販売されている事が多いですが、食感はねっとりとしていて、よく「干し柿に似ている」と言われています。

デーツの栄養や効果効能は?

デーツをよく食べる国では、1日1粒食べれば生きられると言われる程、デーツの栄養価が高くて、絶世の美女と言われる「クレオパトラ」の美容食だそうです。

デーツには鉄分、カルシウム、カリウムなどのミネラルや食物繊維が豊富に含まれ、その含有量は果実の中でもトップクラス!

甘みが強いですので、糖質が気になるという方がいるかもしれませんが、実はデーツは自然の甘みだから、砂糖のお菓子よりも血糖値の上昇が穏やかです。

栄養が豊富なデーツはどんな効果が期待できるでしょうか?

  • 貧血予防
  • 妊娠中の栄養補給
  • 二日酔いの改善
  • 精神の安定
  • むくみ改善
  • 美肌効果
  • 免疫力アップ
  • ダイエット効果

などの効果が期待できます。

デーツとなつめの違いは?

なつめ

デーツ

ナツメとデーツは、形は似ているけど、全くの異なるものです!

「ナツメ(棗、なつめ)」と呼ばれるものは、漢方の生薬名は「大棗(たいそう)」です、

デーツのヤシ科の植物と違って、ナツメはクロウメモドキ科の植物、薬効が高いことから、漢方薬の重要な材料のひとつとなっています、もちろんフルーツとして食べても美味しいです。

乾燥したナツメは、皮がちょっと硬くて、中はフカフカしている感じ、甘味は穏やか。一方のデーツは、ねっとりとした濃い甘さで、ナツメとは全く違う食感ですね。

デーツのおいしい食べ方

デーツの食べ方はさまざまです。

果実をそのまま乾燥させたドライフルーツとして摂取するのが栄養を余すことなく取れるので、1番良いですが、ジャムやゼリーにしたりお菓子にしたり、お酢やお酒に漬けたりするのも良いです。どれでも美味しい!

またデーツは牛乳やヨーグルトとの相性も良いため、一緒にミキサーにかけたものを朝食代わりにしても良い!

デーツはどこで手に入れるの?

普通のスーパーに置いていない事もありますが、通販で手に入れることができます。

 

最後に

ドライフルーツのデーツは、高温や高湿に弱いため、冷蔵庫で保管しましょう。

おいしく栄養が豊富といっても食べ過ぎは太るに繋がるので、1日3~5粒を目安にすると良いようでしょう。1日の量に気をつけながら、健康や美容のために、食生活に取り入れてみてくださいね!