0570で始まる電話番号はどこから?高額な通話料金を節約する方法は?

「0570~」から始まる電話番号をご存知でしょうか。

多くの企業の問い合わせ先や官公庁に使われています。旅行会社やチケットの電話予約では必ず使われている電話番号です。

しかしかける側にとってとんでもない高額な通話料金が請求されます、特に携帯電話からだと、かけ放題プランの対象外です。

とても酷くて、できれば掛けたくない電話番号ですね。

そこで今回は、「0570」から始まる電話番号について調べました。

スポンサーリンク


0570から始まる電話番号とは?

「0570」から始まる電話番号はナビダイヤルと呼ばれ、NTTコミュニケーションが提供している全国統一料金の通話サービスです。

他にもNTT西日本やKDDI、ソフトバンクといった携帯の大手キャリアも0570の電話サービスを展開しているようです。

「0570」から始まる番号は、「0120」のフリーダイヤルと違い、通話料は発信者が負担します。

フリーダイヤルへ携帯電話からかかってくると、長時間の通話なら、企業側の通話料負担が大きい為、多くの企業がこのようなサービスが導入されています。

全国に支店を持つ企業が、全国どこからでも同じ電話番号として使えます。

0570への通話料金

実際に0570へ電話すると「ナビダイヤルでお繋ぎします」とアナウンスが流れます。「○○秒ごとに○○円かかります」と言われますので、事前に料金を確認することができます。

通話料は距離や通信手段など条件によって異なります。

固定電話の場合は区域内であれば3分で8.5円(税別)、100km超の場合、3分で80円(税別)になります。

携帯電話の場合、20秒毎に10円、3分で90円(税別)になります。

例えば、平日に携帯電話から15分の通話をしたとすると、400円もの通話料がかかりますね。

携帯電話のかけ放題プランであっても「0570」へかけると通話料が発生します。

またアナウンスを聞いている時間や、オペレーターへ接続するための待ち時間も通話料が発生するのです、理不尽ですね。

0570への通話料金を節約する方法

固定電話番号へ電話をかける

会社によって、「0570」電話と通常の固定電話番号もあります、携帯電話のかけ放題プランで契約しているときは、固定電話番号へかけるようにしましょう。

「0570」電話しかかけられないなら、固定電話から掛けましょう。

問い合わせフォームを使う

どんな企業でもお問い合わせフォームを設置しています。

不明点などと問い合わせるときに、電話をかけるより、問い合わせフォームを使うほうがお得です。

電話料がかからないし、もれなく情報を伝えることができるので、解決が早くなることもあります。

まとめ

「0570」という番号から携帯電話へ着信があった場合は企業からの電話の可能性が高いです。携帯電話から「0570」への折り返し電話をかけないように注意が必要です。

「0570」への電話はなるべく避けて、固定電話や、ネット上の問い合わせフォームを利用するように心掛けましょう。

 

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。