スポンサーリンク

wordpressの「子テーマ」とは?親テーマとの違いは?なぜ必要なの?

最近使っているWordPressのテーマがちょっと足りないな、もっと良いテーマがないかなと悩んでいます。

ある日、あるサイトでとても素晴らしいテーマと出会った!早速ダウンロードページに行ったら、「親テーマのダウンロード」と「子テーマのダウンロード」が表示されています。

親テーマ?子テーマ?って何?両方ダウンロードする必要があるの?
今まで使ったテーマは一つだけ!親テーマ、子テーマなんて知らないよ!

気になって、いろいろと調べました!本当に勉強になりました。

今回は筆者のような初めての方に、WordPressの「親テーマ」と「子テーマ」の役割について、分かりやすくお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

WordPressの「親テーマ」と「子テーマ」とは?役割は?

ご存知のようにWordPressのテーマとは、Webサイト全体のテンプレートのことです。

デザインなどの複数のファイルが一式セットになっています。ネット上で無料ダウンロードできるものがあったり、有料で販売されているものもあります。

WordPressを利用している方がご存知かと思いますが、WordPress本体やプラグインだけでなく、テーマにも更新があります。

しかしテーマを更新すると、カスタマイズは初期化されてしまい、更新する度にカスタマイズし直す必要があります。とても手間がかかります。

すると「親テーマ」と「子テーマ」が誕生します。

  • 「親テーマ」はWordPressのテンプレートそのもののこと。
  • 「子テーマ」はカスタマイズ用のテーマのこと。

つまり子テーマは、WordPressのテーマ(親テーマ)に属した分身のようなものですね。

サイトを編集する際に、例えば、CSSでヘッダーのデザインを変更したり、h2やh3タグをカスタマイズしたりなど。

テーマ全体ではなく、子テーマだけを編集すれば、テーマを更新した後もカスタマイズした状態をそのまま引き継げます。

「子テーマ」があれば、便利ですね。

親テーマと子テーマ両方ダウンロードする必要がある

ここまで来たら、すでにわかってると思います、テンプレートの配布サイトで、親テーマと子テーマ両方が公開されていたら、両方ともダウンロードする必要があります。

「親テーマ」と「子テーマ」が両方ある場合、子テーマに編集を行えば、その編集を優先して出力してくれます。

なので、親テーマがバージョンアップによって上書きされても大丈夫。

親のテーマが更新で初期化されても「子テーマ」には更新の影響を受ける事はないため、これまで子テーマに行ってきた編集が消えることはありません。

実際の作業としては、

 

インストール時に「親テーマ」と「子テーマ」の2つをダウンロードする。その後は、子テーマのほうにカスタマイズをしていくということ。

親テーマを直接編集しないということを覚えておきましょう。

子テーマが無いテンプレートもある

子テーマが用意されていないテンプレートがたくさんあります。

筆者が以前使ったバズ部のXeoryBaseというテーマは子テーマがありませんね。

子テーマが無い場合、子テーマは自分でも作れますが、初心者にとってとても難しいことです。

子テーマが公開されているテンプレートは、作者さんが最初から用意してくれて、とても優しいです、感謝すべき!

因みに、あるサイトで出会ったとても素晴らしいテーマはcocoonです。こんな素晴らしいテーマはなんと無料ですよ。使わない手はありません。

使ってみてくださいね。

最後に

WordPressの親テーマと子テーマについてお伝えしました。参考になれば幸いです。

今回テーマ変更のきっかけに子テーマの存在が分かりました、とても勉強になりました。

Webサイトのことに対して、知らないことがきっとたくさんあります、これからもどんどん勉強していこうと思います。