ボタニカルの意味とは?オーガニックとの違いって何?ボタニカルシャンプーは髪に良いのか?

最近、ドラッグストアやCMでは「ボタニカルシャンプー」が大きく取り上げられていますよね、普通に購入するシャンプーより金額が2~3倍高い!

  • そもそも「ボタニカル」って何?どんな意味でしょうか?
  • 「植物」や「グリーン」が関係しているのはわかるけど、「オーガニック」との違いは?
  • ボタニカルシャンプーは本当に髪に良いのか?

などにかなり気になって、それにについて調べてみました。

スポンサーリンク


ボタニカルってどういう意味?

ボタニカル(botanical)とは「植物の」または「植物から作られた」という意味になります。

ボタニカルも様々。ファッションやインテリアでは、ボタニカル柄というと植物をモチーフとした柄の総称のことを指します。

ヘアケア用品にもボタニカルシャンプーというものもあります、これは植物由来の有効成分を配合したシャンプーのこと。

暮らしの中に植物を取りいれた生活を「ボタニカルライフ」とも言います。

オーガニックとの違いって何?

ボタニカルと意味が似ている言葉に、オーガニックがあります。

オーガニックとは農法のことで、有機栽培という意味です。つまり化学肥料や農薬を使用しない野菜や、添加物を入れていない食料品などを指します。

オーガニック○○という場合は、例えば、オーガニックシャンプーやオーガニックコスメなどは、化学肥料や農薬を使用しない、有機栽培の植物から抽出されたエキスを主に使用して、作られていることを意味します。

オーガニックも植物由来の原材料を使用するので、ボタニカルの一部というように定義することもできます。

そのため、製品におけるボタニカルとオーガニックの違いは、配合されている原材料がオーガニック農法で生産されたかどうかという違いになります。

ボタニカルシャンプーとは?

前述の通り、ボタニカルシャンプーとは植物由来の有効成分を配合したシャンプーのこと、植物成分由来で作られているということは髪に優しそうなイメージがありますね。

つまりオーガニックシャンプーは、化学肥料を使わない、有機栽培により栽培された植物を使用したシャンプーのことです。オーガニック認定を受けた植物成分が入っていることが前提になります。

ボタニカルシャンプーは髪に良いのか?

ご存知のように、髪の毛は、頭皮で作られています。頭皮のケアができていないと抜け毛や白髪の原因となります。

植物由来成分は、頭皮へのダメージが少なく頭皮や髪に優しいシャンプーとなっています。頭皮の健康を保つことで、健康な髪を作ってくれることができます。

ですので、ボタニカル成分が入っているシャンプーは髪に良いといえます。

実は海外ではボタニカルシャンプーとして認定されるためには「90%以上植物由来」という基準をクリアする必要があります。しかし現時点では日本の基準はありません。

たった1種類でもオーガニック成分が入っているため、これは「オーガニックですよ」と商品の宣伝文句に使えてしまう会社が存在するかもしれません。

なのでボタニカルシャンプーだからといって全部が髪に良いと判断するのは早計です。どんな成分が使われているかを見極めることが大切です。

おすすめのボタニカルシャンプー

 

BOTANISTのボタニカルシャンプーは、世界的にも愛用者が多く、日本でも非常に評判のシャンプーです。

天然植物由来の成分が90%以上配合されており、髪や地肌に非常に優しいと話題になっています。試してみる価値のあるボタニカルシャンプーと言えます。

まとめ

いかがでしょうか。ポイントをまとめると

  • ボタニカルは「植物の」または「植物から作られた」という意味
  • オーガニックは農法のことで、化学肥料や農薬を使用しない、有機栽培という意味
  • ボタニカルシャンプーは髪に良いですが、現時点で日本の基準はないため、ちゃんと成分の確認が必要です。

ボタニカルシャンプーだから、即買うのではなく、きちんと商品を確認してから購入するようにしてくださいね。

 

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です♪

 

SNSでもご購読できます。