チーズケーキの種類とそれぞれのカロリーは?日持ちはどれくらい?

チーズケーキはお好きですか?

チーズケーキと一口に言っても、種類によって作り方も味わいも違います。なので、このタイプは好きだけど、このタイプは好きじゃない、なんて場合もありますよね。

作り方が違うと、カロリーも当然違ってきます。

  • 違う種類のチーズケーキ、ダイエット中はどれを食べればいいの?
  • 作るとしたらどれが簡単?
  • どれが一番日持ちするの?

そんな、チーズケーキにまつわるいくつかの疑問について調べてみました。

続きを読む

パプリカの栄養と効果!生で食べると一番?!サラダに合うの切り方もチェック!

パプリカ、というと、思い浮かぶのは、イタリアン料理やサラダですよね。

でも、パプリカの品種を作り育てたのは、イタリアではなくハンガリーです。ハンガリー料理というと日本ではあまり馴染みがないかも知れませんが、ハンガリーでは、昔は国をあげて生産保護していたほど、ハンガリー料理には欠かせない存在です。

今では日本国内でも作られていますし、海外(主にオランダや韓国)からの輸入もあり、スーパーなどで気軽に手に入る野菜です。

そんなパプリカのいろいろに迫ってみました。

続きを読む

炭水化物の1日に必要な摂取量はどれくらい?摂り過ぎると、どうなるの?

炭水化物を完全に抜くのは体に良くないんじゃない?そう言われる中で、炭水化物を少しにするというダイエット方法が支持されるようになってきました。

それでも、まだ危険性を訴える人は少なくないですよね。

  • 炭水化物とは?糖質との違いは?
  • 1日に必要な摂取量はどれくらい?
  • 摂り過ぎると、どうなるの?
  • 炭水化物の不足による影響は?

などについて、お伝えしていきます。

続きを読む

ご飯食べれない(摂食障害)の原因は?なりやすい人は?

このページにたどり着いてきてくれた方は、摂食障害で悩まれている人かもしれませんね。

摂食障害は、大きく分けると拒食症と過食症とに分けられます。実際には、もっと細かく分類されていて、診断される時の基準もあります。

でも、それは医学の分野の専門的なことなので、ここでは、「摂食障害かなぁ」と自分のことを思い悩む人に寄り添っていけるようなお話です。

それでは、ご飯を食べられない(摂食障害)の原因と摂食障害になりやすい人について、お伝えしていきます。

続きを読む

炊きたてのご飯が固いときや柔らかいときの対処法

毎日の食卓に欠かせないご飯。

いつも通りに炊いたつもりだったのに、今日の炊き加減なんだか違うって経験はありませんか?固すぎたり、逆に柔らかすぎたり。

その人それぞれの好みはありますが、またお供にするおかずによっても、ご飯が固めの方が良かったり、柔らかめが良かったり、というのもありますよね。

でももう炊き上がってるから取り返しがつかない…かと言って、炊き直すのも、失敗したご飯を捨てるのももったいない…そんな時の対処法を、これからいくつかご紹介します。

続きを読む

炊飯器でもち米を美味しく炊く方法は?水の量はどれぐらい?

今では、炊飯器の利用の仕方もいろいろとありますよね。お餅を作るために、もち米を炊くこともできます。セイローや蒸し器、圧力鍋じゃなくても、お餅や赤飯、おこわを楽しめるようになりました。

でも、炊飯器でなくても炊けるのかなぁとか、白米と同じ炊き方でいいのかなぁと、考えてしまいますよね。そこで今回は、「炊飯器で、もち米を美味しく炊く方法」についてお伝えします。

続きを読む

胃潰瘍の初期症状は?放置したらどうなる?自然治癒できる?

胃がなんとなく痛んだり、キリキリと痛んだりすることありますよね。特にストレスがたまった時などは、そんな症状が出やすいものです。

そのような症状が続くときには『胃潰瘍』を疑ってみることも必要です。「吾輩は猫である」「坊っちゃん」等の作品で有名なかの文豪、夏目漱石は胃潰瘍が原因でなくなっています。

今でこそ、薬物療法で完治させることも容易になりましたが、一昔前までは命にかかわるような病気だったんですね。

では、胃潰瘍とはどのようなものなのでしょうか。それをみていきましょう。

続きを読む

チーズにカビが生えても食べられる?食べ過ぎるとどうなる?

とろ〜り美味しいチーズ。パンに挟んだり、パスタやハンバーグの上に乗せたりと、いろんな料理に合わせられるので使い勝手が良く、おいしさもアップするのでたいへん重宝する食材だと思いませんか。

私はそうですが、みなさんもご家庭の冷蔵庫に常備しているのではないでしょうか?

続きを読む

漢方養生秘法:当帰補血湯の効能と用法・用量

281124d1

中国医学博士である劉さんは50歳を過ぎたのに、いつでもエネルギッシュで若々しくて、「どうしてそんなに元気なの?」と聞かれるほど健康です。

彼女の話だと、若い時、手足が氷のように冷たかった、30代くらい「当帰補血湯」を飲むようになってから、いつの間にか健康になって、風邪もひきません。

続きを読む