スポンサーリンク

【顔画像】田中麗奈の旦那・夫がイケメン!年収は?馴れ初めや子供もチェック!

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。


1998年にサントリーのジュース「なっちゃん」の初代CMキャラクターとして登場し、人気を博した女優の田中麗奈さんは、2016年に助川玄さんとご結婚されました。

田中麗奈の旦那・夫が誰?馴れ初めや子供は?

そこで今回は田中麗奈の旦那・夫について調査しました。

スポンサーリンク

田中麗奈の旦那・夫は助川玄

田中麗奈の旦那・夫は助川玄顔画像はこちら!スポーツマンタイプのイケメンですね


田中麗奈さんが2016年2月6日に所属事務所を通じて結婚したことを公表しました。

結婚の登記をしたのは2016年2月5日です。田中さんの結婚相手は助川玄さんで、田中さんより5歳年上の医師です。具体的には、東京の「恵比寿つじクリニック」で副院長を務めています。

公式には結婚相手の名前は明かされていませんが、すでに公表されている情報によると、田中さんの夫は東京の病院で副院長をしており、5歳年上のスポーツマンタイプで明朗な人物です。これらの点が、助川さんに一致していると見られています。

田中麗奈さんは、助川玄さんの誠実で温和な性格に魅力を感じたと述べています。

助川玄の年収は?

田中麗奈さんのご主人、助川玄さんは「恵比寿つじクリニック」で副院長を務めています。このクリニックは東京都渋谷区に位置し、男性の不妊治療などを専門としています。

単なる検査だけではなく、手術も行う本格的な医療機関です。

一般のクリニックに勤める医師の年収は大体1000万から1500万円程度ですが、助川さんは恵比寿つじクリニックの副院長を務めていることから、もしかしたらこれより高いかもしれません。

通常、クリニック勤務医の年収は総合病院のそれに比べて当直がない分、低めになるそうです。

しかし、美容外科やレーシック手術を専門とする眼科など、高い収入を得ているクリニックも多いと聞きます。

恵比寿駅からすぐの場所にある「恵比寿つじクリニック」では専門的な治療も多く手がけており、助川さんはその副院長です。彼の年収は一般的なクリニック勤務医のそれより高いのではないでしょうか。

年収はおおよそ2000万から3000万円ではないかと思われます。

助川玄の経歴

助川玄さんの経歴:

2000年: 昭和薬科大学薬学部を卒業
2006年: 福岡大学医学部を卒業
2006~2008年: がん研有明病院で臨床研修医として勤務
2008年: 同病院の泌尿器科レジデントに就任
2013年: 恵比寿つじクリニックの副院長に就任

田中麗奈と助川玄の出会いや馴れ初めは?

田中麗奈さんと助川玄さんが出会ったのは共通の知人を介した紹介でした。

実は田中さんは、二人の異なる知人によって助川さんをそれぞれ紹介されていたんです。

出会ってから半年あまりの交際を経て、2人は2016年に結婚を発表しました。そのプロポーズのエピソードを、TBS系の「A-studio」で話したことがあります。

助川さんの当初の計画は、田中さんが仕事から帰るのを空港で待ち受けて、そこで膝をついてプロポーズするというものだったそうです。

ですが、当日は緊張のあまりそれができなかったとか。

取材に訪れた鶴瓶さんも、助川さんの人柄に魅了されてファンになったと番組内で語っていました。

2人の結婚式はハワイで執り行われ、田中さんはこの特別な日のために3着のウェディングドレスを用意しました。

その中の1着はドラマで共演し、親交を深めた女優の南果歩さんからの借り物だったそうです。

田中麗奈の子供は?

田中麗奈さんには結婚相手との間に一人の子供がおります。

2019年12月24日、事務所所属のブログでお子さんの誕生を報告しました。第一子は女の子で、2023年現在で3歳になります。

彼女はInstagramでしばしば娘さんの成長の様子を綴っており、娘さんが元気いっぱいに育っているのが伝わってきます。

多忙な毎日を送る田中さんですが、子育てと仕事の両立に励んでいることでしょう。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
xiaoxueをフォローする
気になるいろいろ
タイトルとURLをコピーしました