花椒とは?どう読むの?山椒との違いは?効能や使い方もチェック!

本格的な麻婆豆腐を食べた時に舌がしびれるような感覚がありませんか、そのピリッとスパイシーな味わいが花椒の特徴です。

花椒は、四川料理を作る上でなくてはならないスパイスのひとつ。日本でも麻婆豆腐などで知られていますが、意外とよく分からない方が多いようです。

そこで今回は、この花椒の効能や使い方などについて、お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

花椒とは?読み方は?

「花椒」は、中国原産のミカン科サンショウ属の落葉低木である華北山椒(カホクザンショウ)の果皮を乾燥させて作った香辛料です。

熟したカホクザンショウの実

熟したカホクザンショウの実はまるで赤い花のように見えることから花椒と呼ばれるようになったといわれています。

レモン系の爽やかな風味と痺れるような辛味が特徴で、麻婆豆腐や坦々麺などの辛味が強い料理によく使われています。特に四川料理で多く用いられます。

花椒の日本語読みで「カショウ」、中国語読みで「ホアジャオ」です。

日本の山椒と区別するために、「四川山椒」(しせんさんしょう)や「中国山椒」と呼ばれることもあります。

花椒と山椒の違いについて

山椒

花椒

花椒と山椒(サンショウ)は共にミカン科サンショウ属の落葉低木ですが、それぞれ別の植物です。

山椒の別名はハジカミと呼ばれ、日本原産で北海道から屋久島まで幅広く分布しています。花椒の木である華北山椒は東アジア原産で、中国で広く分布します。

山椒は新芽、花、実、幹の皮、枝など様々な部分が使われ、辛みのスパイスとしてよりも風味をつける薬味として使用されることが多いです。

一方、花椒は乾燥させた果実のみ使用され、痺れるような辛さと強い香りが特徴です。

花椒の味は山椒に似ていますが、花椒の強烈な痺れるような辛みに比べると、山椒の辛みはおだやかで、しびれ感も弱いです。

花椒にはどんな効能がある?

花椒は日本の一般家庭ではあまり使われていませんが、中国ではなくてはならないスパイスとして、家庭に必ずストックしています。

花椒はスパイスに使われているほか、精神安定、殺菌、鎮痛、血圧を下げ、消化を助ける効果があるので、中国漢方の生薬として、古くから利用されてきました。

香辛料としては果皮の部分だけが使われますが、漢方では中の実の部分も使用されるようです。

花椒のしびれる成分は鎮痛や麻酔に利用されています。昔は大量の花椒を用いて局部麻酔に使われたようです。

また花椒はホルモンのバランスを整え、皮膚表面のばい菌を抑制する効果も期待できます。

花椒の使い方

花椒はもっともよく使われるのが麻婆豆腐です、中国では調理に入れるだけでなく、麻婆豆腐の仕上げにも、花椒の粉を振りかけて食べたりします。

辛いものが好きな方なら、炒め物でこしょうの代わりに花椒を使えば、華やかな香りとひと一味違った辛さを楽しめます。

花椒と塩をまぜた「花椒塩」は、揚げ物に使うことも多く、中国では多くの家庭で使用されているようです。

他には、使い方もいろいろあります。

例えば、

蟻が出てくる場所に花椒を置くと、蟻が出てこなくなります。

米や雑穀に虫が入った場合、ガーゼに20粒ぐらいの花椒を包み、米びつに入れると虫が自分で出てきます。

食品の上に花椒を置くと、ハエがつきません。

揚げ物をするとき、油が沸騰して、泡がブクブク出て来たら、花椒を数粒入れると油の泡が消えます。

最後に

四川料理に欠かせない花椒は、漢方としても高い効能があることがわかりましたね、使い方も意外とたくさんあります。

花椒やパウダー状になった花椒粉は、通販でも手軽に手に入れます。

花椒粉

 

粒状花椒

 

この機会でぜひ花椒の爽やかなしびれる辛さを楽しんでみてください。