スポンサーリンク

夕方とは?何時から何時まで?朝、昼、夜、日中、夜中、深夜、未明は何時くらい?

会話の中によく「夕方」という言葉を使いますね、

「じゃあ、今日の夕方に会いましょうね」

「あすの夕方にもう一度電話します。」

しかし「夕方」って実際には何時から何時までのことを指すのでしょうか?また朝、昼、夜、日中、夜中、深夜、未明は?それぞれ何時から何時までのことなのか?

気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

夕方とは?何時から何時まで?

夕方とは天気予報用語で、日が暮れ始めて夜になるまでの間のことを指します。

気象庁のウェブサイトによると、夕方の具体的な時間帯は「15時~18時まで」と書いてあります。

しかし真夏の18時なんてまだまだ明るくて、夕方なんていうイメージはあまりないですね、逆に真冬の午後5時からはもう真っ暗で、夜が突入しているという印象がありますね。

朝、昼、夜、日中は何時くらい?

気象庁のウェブサイトでは1日の時間帯の表現が一覧にまとめられていました。

出典:気象庁のウェブサイト

上図によると

  • 朝:6時~9時の間
  • 昼:9時~15時の間
  • 夜:18時~24時の間
  • 夕方:15時~18時の間
  • 日中:9時~18時の間

となります。

「夜中」「深夜」「未明」は何時くらい?

NHKの放送文化研究によると、「夜中」「深夜」「未明」の時間帯は以下の通りです。

  • 夜中:午後11時台~午前2時台
  • 深夜:午前0時台~午前2時台
  • 未明:午前2時台~午前4時台

しかし日本の気象庁は0時から3時ごろまでを「未明」と言います、報道の考えと違いますね。また辞典では「未明」は「午前3時~日の出前」を指します。

最後に

以上一日の時間帯について伝えました、これはあくまで気象庁の予報用語としての定義であって、一般的な意味を決めたものではありません。

特に夕方ですが季節によって変わるので、夏は17時~19時、冬は16時~18時頃と思っておけば、大きく間違えることはないと思います。

「夕方」という表現はとても曖昧なので、大事な約束をする時は「夕方」という表現は避けて、具体的な数字を入れましょう。

 

こちらの記事も人気です!
生活知恵
スポンサーリンク
スポンサーリンク
xiaoxueをフォローする
気になるいろいろ