コンセプトとは?意味や使い方、テーマとの違いを分かりやすく解説!

ビジネスシーンでは「コンセプト」という言葉をよく耳にしますね。みなさん、「コンセプト」の意味を理解して使っているのでしょうか。

「何となくこういう意味だろう」ということで使っている人が少なくないではないでしょうか?

なので、今回は「コンセプト」についてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

コンセプトの意味とは?

コンセプトは英語では「concept」となり、語源はラテン語の「concipere」。

コンセプトは「しっかりと」と強調を意味する「con」と、捕えるの「ceive」が組み合わさって生まれた単語です。

辞書で引くと、コンセプトの意味は

  • 概念
  • 全体を貫く基本的な観点・考え方

となります、つまり、コンセプトは「しっかり把握される一貫した考え方や概念」という意味になります。

例えば、

「この作品のコンセプトは何ですか?」と言えば、「その作品についてメインテーマや元となるアイデアはなんですか?」というような意味になります。

逆に小売店が求める環境や客層、揃える商品などを知りたい場合は、

「この小売店のコンセプトは?」

と聞けば良いでしょう。

コンセプトの使い方

コンセプトを考える

企画をする際に、その基本思想を考え出す事を「コンセプトを考える(考案する・具体化する等)」という表現ができます。

例えば、ホームページを作る前に、コンセプトをしっかりと考えることが重要です。

コンセプトにする

何かのテーマを基本思想に据えることを「コンセプトにする」という表現ができます。

例えば

風をコンセプトにした町おこし。

「見てほっこり、手にしてにっこり」をコンセプトに作品を作っています。

名詞+コンセプト

名詞+コンセプトは「何に関する基本思想か?」という表現ができます。

例えば

開発コンセプト:開発に関する基本的な思想や方向性

コンセプト+名詞

コンセプト+名詞は「一貫した基本思想を持つ○○」を表現できます。

例えば

コンセプトショップ:強い基本思想を持つ店舗

コンセプトアルバム:ひとつのテーマやストーリーを基に制作したアルバム

テーマとの違いについて

テーマの意味

テーマとは主題、また論文の題目や楽曲の主旋律などを指します。

つまりテーマは「何を扱うか」を表します。

コンセプトとテーマの違い

「テーマ」は「何を扱うか」を表すのに対して、「コンセプト」は「そのテーマをどう扱うのか」になります。

つまり:

  • テーマ   : 何を扱うか(What)
  • コンセプト : どう扱うか(How)

 

例えば「オムライスの作り方」というテーマで記事を作るとします。

この場合だと、何について語るのかは「オムライスの作り方」で、どの切り口で語るのかは「動画で解説する」や「カリスマ家政婦が教える」などといった切り口が考えられます。

まとめ

いかがでしょうか。コンセプトについてご理解いただけましたでしょうか。

まとめてみると

  • コンセプト:「しっかり把握される一貫した考え方や概念」という意味。
  • 「テーマ」という「何を扱うか」のお題に対し、どんな切り口で語るのかは「コンセプト」です。