国民年金はクレジットカード払いができるの?ポイントは付くのか?!どれほどお得?

国民年金とは20~60歳の国民すべてが加入する公的年金制度ですね、サラリーマンの場合は、毎月勝手に給料から保険料が引かれていますが、個人事業主や自営業の人が自分で払わなければなりません。

なぜか「国民年金は現金か口座振替じゃないと払えない」という考えを持つ人が多いようです。

実は支払い用紙でコンビニなどを使って現金で年金納付するよりも、クレジットカードで支払いをする方が明らかにメリットが多いんです。

そこで今回は国民年金をクレジットカードで支払う場合のメリット、おすすめのクレジットカードについてご紹介します。

スポンサーリンク

国民年金は毎月払いより、まとめて支払うほうがお得!

国民年金には前納割引制度があります、つまり6ヶ月や1年単位で前もって支払うことができます。

6カ月分を現金払いで前納すると800円の割引になり、1年前納なら3,480円が割引になります。

いちばんお得な方法は、口座振り替えの2年前納で、15,690円もお得になりますよ。但しそんな時に、支払うお金は37万円もあります、厳しいですよね。

そして2008年からはクレジットカード払いもできるようになったのです

国民年金はクレジットカードで支払うとポイントが付く!

現金や口座振り替えだと通常の割引だけですが、クレジットカードで支払うとポイントがつきます。

しかしクレジットカードで支払う場合は、「口座振替」より割引率は劣ります。金額を確認してみると、

6ヶ月前納の場合:

  • クレジットカード(現金も同じ):98,140円
  • 口座振替:97,820円

6ヶ月前納は320円ほど口座振替の方がお得です。

1年前納の場合:

  • クレジットカード(現金も同じ):194,370円
  • 口座振替:193,730円

1年前納場合は640円口座振替の方がお得。

しかしクレジットカードで支払うとポイントがつきます。

クレジットカードの多くは1%から1.5%程度ポイントが還元されます、仮に、1%ポイント還元のカードだとすると、以下のようになります。

6ヶ月前納の場合:

  • クレジットカード(現金も同じ):98,140円-981円(ポイント還元)=97,159円
  • 口座振替:97,820円

6ヶ月前納は661円ほどクレジットカードの方がお得です。

1年前納の場合:

  • クレジットカード(現金も同じ):194,370円-1943円=192,427円
  • 口座振替:193,730円

1年前納場合は1,303円クレジットカードの方がお得

上記のようにポイント還元率を含めると、口座振替の割引率よりもクレジットカードで支払いをした方が断然お得なのです。

利用可能なクレジットカード

クレジットカードで支払いができないカードもあります、ご注意ください。

利用できるカードの種類をお伝えします。

利用可能クレジットカード(平成30年現在)

イオンクレジット・NC日商連・OC・Orico・セゾン・JCB・セディナ・ダイナーズクラブ・ジャックス・東急・トヨタファイナンス・日専連・三井住友・三菱UFJニコス・UCS・ライフ・楽天・UC・VISA・Master

ポイントが付与されるかは各カード会社に問い合わせてくださいね。

国民年金の支払いにおすすめのクレジットカード

わたしは、楽天カードがおススメです。

理由は、楽天カードならポイントが付くのと、楽天ポイントが使いやすいから。

わたしは楽天市場でよく買い物をするので、ネットショップでもコンビニでもいろんなところで楽天ポイントが使えます、とても便利です。

楽天カードで支払って楽天ポイントは付与されるのか?本当に不安でした、

楽天カード利用明細:

楽天カード利用明細を確認したら、安心できました♪

利用金額197,310円に対して、しっかりと1%の1,973ポイントが還元されています。

楽天カードの発行申し込みはこちらから⇓

最後に

国民年金をクレジットカード払いにすると、ポイント還元があって、非常にお得になるということをお伝えしました。

これだけではありません、コンビニや銀行で支払いをすることと比較すると、待ち時間不要で払い忘れの心配も要りません。

国民年金保険料は毎年上がり続ける傾向があります、少しでもクレジットカード払いのポイント還元を利用して、お得にしていきましょう!