スポンサーリンク

ファスナーが動かない!噛んだ!外れた時の自分で修理する方法とは?

お気に入りのバッグや服のファスナーが動かなくなったり、噛んだり、外れたりして困ったことはありませんか?

破れたわけでもないし、古くなったわけでもないのに、捨てたらもったいないんですね。直し方を知っていれば、自分でも対処できますよ!

ここでは外れたりかんだりしてしまったファスナーの簡単な直し方を紹介します!お役に立てば幸いです。

スポンサーリンク

ファスナーの仕組み

まずファスナーが噛み合う仕組みについて勉強しましょう。

画像出典:http://www.globalstandard.jp/

ファスナーには、テープ、エレメント(務歯)、スライダー(開閉部分)の3つの部分があります。

  • エレメント:は実際に噛み合う「歯」の部分のこと。
  • スライダー:はファスナーを開け閉めする際に歯を嚙みあわせる部分です。
  • テープ:ファスナー専用につくられたものです。

ファスナーは、歯車の原理を利用して、スライダーによって左右の務歯同士が順に組み合わさってゆき、自在に開閉できる構造になっています。

開いている状態からスライダーを引っ張って動かせば、動かした位置まで閉まり、逆に、閉まっている状態からスライダーを引っ張って動かせば、動かした位置まで開く仕掛けになっているのです。

ファスナーが動かなくなってしまった時の直し方

ファスナーが動かなくなってしまった!無理やり閉めると、さらに頑固に動かなくなってしまって、最悪の場合ファスナーを壊してしまう恐れもあります。

このような場合、無理に開け閉めようとするのではなく、逆に元の方向へ戻すようにすると直る場合が多いです。

それでもまだ直らない場合は、鉛筆を使います。鉛筆でエレメントをこすってから動かすと、動くことがあります。

それでもダメな場合は、石鹸やワセリン、リップクリームを塗ってみてください。動くようになるかもしれません。

ファスナーが噛んでしまった時の直し方

急いでいるときに布を噛んで動かなくなった時もありますね、その時、あせれば焦るほど余計に噛んでしまいますよね。

その時、イライラぜずに、ファスナーを動かす前、噛んでしまった布を引っ張ることです。

布を引っ張る方向はファスナーに対して水平に行うとうまくいきやすいのです。

ファスナーが閉めても下のほうから開いてしまう時の直し方

ファスナーが閉めても下のほうから開いてしまう原因は、ファスナーのつまみがついている元の「スライダー」という金具部分の開きが大きくなっている可能性が考えられます。

ファスナーを噛み合わせる力がわずかに緩んでしまっているだけで、閉めたはずなのに開いてしまうようになるんです。

ですので、スライダーの部分を少しだけ、ラジオペンチで挟んで締めてあげるだけでいいんです。

ファスナーが外れてしまった時の直し方

スライダーが両方にエレメントにかかっているのが基本状態ですが、スライダーが緩くなってしまい、片方のエレメントから外れてしまった、ということもありますよね。

その時スライダー部分を広げて再び噛ませ直すという方法を説明します。

手順は以下の通りです。

  1. スライダーのエレメント部分を噛みこんでいる場所をマイナスドライバーなどを使って少しずつ広げる
  2. 開いたところへエレメントをねじ込む
  3. 開いたスライダーをペンチなどを使ってしめる

この方法は最後閉める際に締め過ぎてしまうとファスナーの動きが悪くなる可能性もあるので慎重に行って下さい。

ファスナーの滑りを良くする方法

ファスナーの滑りが悪いと、開け閉めしていくうちに、またいつかスライダーが緩んできて、閉まらなくなるかもしれません。

その時は、家庭によくあるロウソクや石鹸などでファスナー部分にこすりつけたりすれば直ります。

他には、ファスナー専用のシリコーン系配合の潤滑スプレーもあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

呉工業 クレ(KURE) シリコンスプレー 420ml 潤滑・離系剤
価格:309円(税込、送料別) (2018/4/1時点)

 

通販のシリコンスプレーが販売されてますので、それを「シュ~!」とひと吹きかけるだけ!

あとがき

まだまだ使えるバッグや服なのに、ファスナーが壊れて捨てるしかない・・・なんて事になったらように、今回紹介した方法を参考にして、自分での修理に挑戦してみてくださいね。