スポンサーリンク

ほうれん草の旬はいつ?ゆで方&保存方法を徹底解説!

ほうれん草は、私達の生活に欠かせない大切な栄養素が含まれているとても素晴らしい野菜です。

そんなほうれん草

  • いつ食べるのが美味しいの?
  • より美味しく食べるにはどんな工夫をしたら良いの?
  • なるべく長く美味しく食べるための保存方法はどうしたら良いの?

そんな疑問について、これから解説していきます。

スポンサーリンク

ほうれん草の旬はいつ?

ほうれん草は、現代ではいつでも好きな時期に食べる事が出来ますが、本来の旬は冬。大体11月から2月にかけて、一番美味しく食べられます。

冷え込むとやわらかく、糖度が上がり、更に美味しくなります。ビニールハウスで栽培したものを、収穫前にビニールを取り払い、冷たい外気にさらしたものを寒締め(かんじめ)ほうれん草と呼び、主に東北から関東地方で作られています。

ほうれん草の下処理と洗い方

ほうれん草の下処理と洗い方ですが、まず下処理は、購入時選ぶところから始めましょう。

良いほうれん草の特徴は、

  • 葉の緑色が濃く鮮やか
  • 葉がシャキッとしていて厚みがある
  • 根の付け根部分がふっくらとしている

などです。この部分に注意して、ほうれん草を選びましょう。

ほうれん草はゆでる前良く洗う事が必要ですが、その時に、根の余分な部分を切り落とし、細かな十字の切り込みを入れると、更に洗いやすくなります。

根を切り落としてバラバラになりそうな時は輪ゴムなどでまとめると楽チンです。根元の土の部分はきっちりと丁寧に洗い落としましょう。

ほうれん草のゆで方とゆで時間

次に、ほうれん草のゆで方です。

  1. 鍋でお湯を入れて火にかけ、沸騰してからひとつまみの塩を入れます
  2. 根元の部分からゆで始めます。30秒ほど、根元だけをゆでられるよう、葉の部分を持ちます。
  3. 葉の部分もお湯に沈めてから、大体1分が、ゆで上がるのに丁度良い時間です。

その後炒め物に使うとかですと、やや早めに鍋から取り出したほうが良いでしょう。

ゆで上がったほうれん草は、きれいな冷水に1分ほど浸します。こうする事で、アク抜きができ、また、きれいな緑色を保つ事が出来ます。

その後で、水気を絞り、料理の用途に合わせたサイズに切った後、再度水気を絞るようにすれば、水っぽすぎず、パサパサでもない丁度良い加減のほうれん草の完成です。

ほうれん草の保存方法について

ほうれん草の保存方法ですが、色々あります。冷凍保存するのにも適している野菜なので、多めに買って、小分けにして、好きな時に調理するようにしても便利です。

冷蔵庫での保存

まず、調理する前の保存は、寒気を好む野菜ですので、冷蔵庫が一番適しています。

買ってきたほうれん草を濡らした新聞紙で包み、ビニール袋に入れます。葉が上、茎が下になるように立てた状態にしておくと、より長持ちします。

水洗いをした後、ビニール袋に密閉した状態で保存すると、更に長持ちします。

前者だと3~4日、後者だと1週間保存が出来るので、面倒でも水洗いしてから保存した方が良いでしょう。

冷凍保存

小分けにして冷凍しておくと、いざという時のもう一品として活躍します。是非冷凍保存も活用しましょう。

適当な大きさに切ったほうれん草を水洗いし、水を切り、生のままフリーザーパックにいれて冷凍するのが一番良い方法です。

ゆでてから冷凍保存しても良いのですが、ベストは、生のままの冷凍保存です。

使う時は、凍ったままお湯に入れて、好きなやわらかさになるまでゆでれば、新鮮なほうれん草とほとんど変わらない味わいが楽しめます。

ゆでた後の保存

ゆでた後のほうれん草は、タッパーなどの密閉出来る容器に入れ、冷蔵庫で保存しましょう。その後、なるべく3日以内に食べきるのが良いようです。

ちょっと心配、という場合は、バターソテーなどにして火を入れれば大丈夫です。

まとめ

ほうれん草は、よく洗わないとならないので、冬場はちょっと辛い。それ以外の季節にはよく食べるんだけど…という方も多いかと思います。

でも、ほうれん草の旬は、冬なのです。冬に食べるのに一番適している野菜を、冬食べないのは、本当にもったいないです。

本来、ビタミン類ミネラルなどの栄養価にとても優れ、健康な身体を作ってくれます。その効果は、特に冬=旬に食べる事で最も発揮されるので、色々工夫をして、冬の食卓にもほうれん草で彩りを添えてみてはいかがでしょうか。