スポンサーリンク

糖質制限ダイエットをしたら頭がぼーっとするのはなぜ?解決策は?

最近筆者が糖質制限ダイエットを挑戦しています。すると、何かよく眠気を感じて、頭がぼーっとします。

どうしてこうなったのか不思議になって、いろいろと調べました。

スポンサーリンク

糖質制限ダイエットとは?

糖質制限ダイエットとは、「糖質」を控えるダイエット方法です。

一般的には、ごはん・パン・麺類などの炭水化物を制限するケースが多いようです。

糖質制限ダイエットは元々、糖尿病の方や肥満の方に向けたダイエット法として考案されたそうです。ここ数年で急速に広まっています。

しかし、糖質制限ダイエットをしている多くの方は、慢性的な眠気を抱えていたり、集中力がなくなったりするなど、日常生活に支障をきたすケースが多いようです。

糖質制限で頭がぼーっとするのはなぜ?

実は糖質は人間が活動するために欠かせないエネルギー源だそうです。特に脳の神経活動はブドウ糖をエネルギー源としています。

なので糖質を極端に制限してブドウ糖が不足すると、脳の働きが低下して集中力が落ちますし、慢性的な眠気を感じており、すぐ眠ってしまうのが特徴です。

反対に、糖質を過剰摂取すると、脳がその状態に依存して正常な機能を損なう可能性もあるので、適度な糖質を摂取することが大事ですね。

さらに自己流糖質制限ダイエットはとても危険です。

誤ったやり方で糖質制限を行うと、骨粗鬆症を加速させてしまったり、筋力が低下したり、骨粗鬆症になってしまった可能性が高くなります。

骨粗鬆症になってしまった高齢者は、ほんのちょっとの病気や怪我で入院すると、あっという間に寝たきりになってしまいますね。

本当に怖い!

ダイエットをしながら健康で元気な毎日を送るためには?

厚生労働省は「日本人の食事摂取基準(2015 年版)」の中で、

食事から摂取する栄養素のバランスについて、総カロリーのうち

  • 炭水化物を50~65%、
  • たんぱく質を13~20%、
  • 脂質を20~30%

とすることを推奨しています。これらはあくまでも目安ですが、やり過ぎる糖質制限ダイエットでは、糖質(=炭水化物)は10%以下程度になってしまうのです。

健康で元気な毎日を送るために糖質を制限するなら、

例えば:

  • ご飯(白米)をいつもの半分程度にする
  •  パンを食べる時は、一緒に少し多めの葉物野菜も食べる
  •  焼き芋を食べたら、その日は穀類、豆類、果物、砂糖のいずれかを控える

など、「炭水化物を少し控えてみよう」という考え方です。

しかし自分で考えるととても面倒くさいですね。

そこで筆者は管理栄養士が栄養バランスを考えて作った食事を取るようにしました。

これは「シルバーライフ」という会社の「まごころケア食」という冷凍弁当宅配サービス。

7食セットが、税込み送料込みで3980円で1食568円。

これでもかなり安いんですが、14食セットだと、税込み送料込みで6480円で1食463円なんです。

さらに21食セットは、1食あたり451円です。まあ、21食分を一気に買うのは、あまり現実的ではないですね。冷凍庫に入り切らないかもしれません。

この値段で「カロリー制限食」「糖質制限食」「塩分制限食」気軽にできちゃいます。

お味の方はまあまあ美味しい!

7食・14食・21食分をまとめて送ってもらい、冷凍庫にストックしておけるので、いつでも自分の好きなタイミングで健康でダイエットできますよ。

最後に

誤ったやり方で糖質制限を行うと、とても危険ということですね。ビックリしました。

やっぱり管理栄養士の監修の栄養バランスが取れていながら、カロリーも抑えられた献立に任せた方がいいのではないかと思います。


 

こちらの記事も人気です!
ダイエット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
xiaoxueをフォローする
気になるいろいろ
タイトルとURLをコピーしました