スポンサーリンク

ノベルティとは?どういう意味?使い方や「プレミアム」との違いは?

近年「ノベルティ」という言葉をよく聞きます。

展示会などに行くと、「5000円以上買うとノベルティも付いてますよ」などのフレーズをよく耳にしますね。

しかし、「ノベルティ」ってどういう意味?使い方は?

今回は「ノベルティ」の意味や使い方、「プレミアム」との違いをご紹介します。

スポンサーリンク

ノベルティとはどういう意味?

ノベルティは英語で「novelty」と言い、元々「珍しいこと、もの、斬新なこと、経験」といった意味がありますが、近年では企業が自社や商品の宣伝を目的として、社名、商品名を入れて無料で進呈する贈りものの総称です。

例えば、コンビニでお菓子を2個買えば、クリアファイルなどがもらえたり、ドリンクについているキーホルダーなどのオマケも「ノベルティ」と言えます。

日本人がイメージするノベルティは、ノベルティグッズ(novelty goods)です、かつては景品広告、実用品広告と呼ばれたこともあります。

例えば社名などを入れたライターやボールペンなどをお客さんに無料で進呈することによって、企業や商品の知名度、イメージを高め、維持することができます。さらに集客という面でも大きな効果がもたらすことができます。

「ノベルティ」と「プレミアム」はどう違うの?

プレミアム(premium)には2つの意味があります。

1つ目は「高級な」や「上等・上質」という意味です。例えば「プレミアムビール」は「高級なビール」や「上質なビール」という意味になります。

2つ目は「正規の料金の上に加えられる割増金」や「景品などのおまけ」という意味です。

「景品などのおまけ」という意味では「ノベルティ」と似ていますが、ちょっと違います。

ウキペディアによると、

ノベルティは「企業が自社の宣伝活動として、無料で配布する記念品」という意味を持っています。

プレミアムは「商品の購入者やサービスの利用者に、追加で物品をつける行為」という意味があります。

つまり

  • ノベルティは「無料配布の販促品」
  • プレミアムは「購入者への特典品」

ノベルティには、「ブランドアピール」としての狙いがあり、プレミアムには、「購買促進」の狙いがあるという点が重要なポイントです。

ノベルティの使い方

展示会や繁華街などで、社名が書かれているポケットティッシュをもらったり、お菓子をもらったりしたことがありませんか。

その時は「ノベルティグッズプレゼント中」として、使うことができます。

また、「○○円以上お買い上げの方にノベルティプレゼント」として使うこともよくあります。

ノベルティグッズに用いられるものは?

ビジネスシーンではカレンダー時計などのノベルティグッズが定番ですね。

それ以外に、実用性があり日常的に目にする文房具もよく用いられます。

例えば

  • メモ
  • 付箋
  • ペン
  • ファイル
  • バインダー
  • ノート
  • 消しゴム
  • ブックカバー

などがあります。

また日用品もよくあります。

  • タンブラー
  • マグ
  • ボトル
  • マグネット
  • タオル
  • ティッシュ
  • ウェットティッシュ
  • ポケットティッシュ
  • キッチン用品

日用品を無料でもらって嫌がる人は少ないからね。

まとめ

「ノベルティ」は、元々「珍しいこと、斬新なこと」という意味ですが、「企業が自社や商品の宣伝のために無償で配布する品物」としてよく使われています。

「ブランドアピール」としての狙いがあるため、社名や商品名を入れて配布するのが一般です。また無料で贈るのがポイントです。

なんとなく使っていた「ノベルティ」の意味がおわかりいただけましたでしょうか。意味を理解して使うと、相手に伝わりやすくなりますね。